つれづれなるままに。ごくありふれた日常ですが、気の向くままにつづっていこうと思います。


by aoi_oi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:・食のこと( 49 )

パウンドケーキ三種

d0015588_1844833.jpg
先月、パウンドケーキを立て続けに
作っていました。記事にしようと
画像を残していたのを思い出し、
何を書こうとしていたのか忘れた
けどとりあえず今アップします(笑)。



三種類なのですが、それぞれ"ブルーベリー入り"、"シークヮーサー果汁入り"、
"紅茶入り"です。

d0015588_185792.jpgd0015588_1852639.jpg








ブルーベリー以外の二つは見た目あんまり変わりないですね(^^;。
ちなみに三種とも全粒粉を使っているのでざっくりした歯ざわりになっています。

以前、シークヮーサー入りは果実ともにいれてしまって失敗だったので、今度は
冷凍しておいた果汁だけを入れてみました。他の二つよりすこし酸味のある味に
なりました。ブルーベリー入りは思っていたより甘め。ブルーベリー好きなので
美味しかったです。色はあんまり良くないけれど(^^;。旦那には一番ベーシックな
紅茶入りが好評でした。

食材の整理のつもりで作っていたのですが、なかなか新しい発見があって面白かった
です。また作ろう。
[PR]
by aoi_oi | 2005-12-23 18:13 | ・食のこと
北海道に行ってきた知人からおみやげをいただきました。
わーい、"マルセイバターサンド"だ~♪
北海道物産展などではおなじみの一品ですが、いつ食べても、
何回食べても美味しいですね。大好きです!

d0015588_2115773.jpgd0015588_2115276.jpg








そしてもう一品。こちらは"マルセイチーズ&ビスケット"というものです。
私ははじめて食べました。ビスケット小12枚とレアチーズがケース2個分
入っています。ビスケット1枚ずつをレアチーズにつけて食べてもいいの
ですが、"マルセイバターサンド"風に2枚サンドにして作ってみました。

d0015588_21161553.jpgこれもなかなか美味しかったです。
レアチーズの酸味が程よくあり、すっきりと
したお味でした。
ビスケットは"マルセイバターサンド"と同じ
味みたいです。ただちょっと大きさが・・・。
かなり小さいのです。レアチーズ1個丸々
余ってしまいました。。


12枚を2組ずつのサンドで作ったので出来あがりは計6個。
でもほんと小さいのですよ、これ。旦那と二人で1日もたたず、あっという間に
食べてしまったのでした(笑)。そうそう、説明書には「冷蔵庫で5時間ほど
寝かしたら更に美味しくいただけます」とありました。確かに翌日にはビスケットが
しっとりとしてきていて、これまた美味でした。
さてさて。残ったレアチーズはクラッカーにでもつけて食べるとしようかね・・・。

知人は11月中頃行ってきたそうですが、北海道は、外は凍えるほど寒かったけれど
室内はどこもものすごく暖かくしていて、温度差がすごかったとのことです。
そりゃそうだよねぇ・・・外が寒ければ寒いほど中は暖かくするはずですよね。
でも、なぜか言われてみるまで思いつかず、これを聞いたときにものすごく
感心してしまったのでした。
冬の北海道は美味しいものがいっぱいで、話を聞いているだけでも
うらやましかったです。北海道、いつか行ってみたいなぁ。
[PR]
by aoi_oi | 2005-12-12 21:51 | ・食のこと

鍋とおでん

最近、旦那がおでんが食べたいとしきりに言っていたので
昨日の夕飯はおでんにすることにしました。
材料を切ってぽんぽんと鍋に入れ、煮込んでいる途中で、
旦那が台所をのぞきにきました。そして、中を見て一言。

「・・・これ、鍋じゃない???」

へ? 
んん??
だっておでんの素ちゃんと使ってるし、大根も練り物もほら、あるよ?

「でも他の具が。。。」

言われてみれば、その日の具は大根・こんにゃく・ちくわ・練り物・
鶏肉・しいたけ・白菜・ねぎ、、、、、、、と、途中から、おかしい。。('A`)
なんてことはない、私がなーんか鍋とおでんを混同していたのですね。
旦那いわく鍋の中を見たときに、「ゆで卵がない!巾着がない!昆布が
ない!がんもがない!はんぺんがなーーい!!」と思ったそうです。
・・・すんませーん(T_T)。
しかも言うにことかいて、おでんの素使ってるよ、ってアンタ・・・。
大笑いされたのは言うまでもなかったのでした。ああ、はずかし。

でも今度、美味しいおでん屋さんを見つけたら連れて行ってくれるそう
です。わっほほーーい♪ きっと学習しろってことなんだな。。
その時はゆで卵と巾着、昆布、がんも、はんぺんは絶対食べようと
思うのでした(笑)。
[PR]
by aoi_oi | 2005-11-28 17:30 | ・食のこと

おやつ

突然ですが、実をいいますと、おやつを食べるようになったのは
ここ一年ほど前からです。それ以前は、あれば食べるかな~と
いうくらいで、別におやつがない日があってもどうってことありません
でした。でも食べるのが習慣になると、おそろしいかな、おやつが
ないと困るほどになってしまいました(^^;。
・・・ちょっと大げさかな。まぁ、日に一、ニ回くらいは何か甘いものが
食べたいな~と自発的に思う程度、、でしょうか。
(こうして考えてみると自分でもよくわからないですね(笑)

d0015588_0254966.jpgそして最近のお気に入りがこれ。
"森永 ミルクキャラメルモナカ"です。
アイスです。・・・もう寒いだろ(笑)。
でもこれ、美味しいんです!
あたたかい部屋でこれを食べてると、
ミルクの柔らかな風味とキャラメルの
ほどよい甘さでなんだか心が和みます。



コンビニで見つけたのですが、他にクッキーやキャラメルも発売されて
いました。昔なつかしのパッケージもそのままで嬉しくなってしまいました(^^)。
表に書かれている「滋養豊富」「風味絶佳」の言葉には、文句なしに納得
してしまいます。それくらい私には美味しく感じる。(要は好きってことですね)

d0015588_0262620.jpgそしてこれ!"ルショコラティエタカギ"の
チョコ詰め合わせ。当たったのです~。
わーい♪嬉しいです。さっそくお味見。
色んな種類のチョコがありますが、
唐辛子入りのチョコにはびっくり!
他にお酒の風味のものがあったり、チョコ
自体も全体的にビターなものが多いような
気がします。


かなり大人なチョコレート達、といった感じです。さすが一粒一粒の
存在感がずっしりとあり、次々にぱくぱくというわけにはいきそうに
ないです(笑)。だからこそ、この詰め合わせの量は嬉しい。時間をかけて
味わっていくおやつになると思います。

おやつにしてもお食事にしても、これからの季節はイベントが目白押しで、
美味しいものがどんどん増えてくる季節になりますね。
口福はとてもハッピーなことだけど、でも節制も忘れないようにしないと、、と
思いつつ、今度は"メルティ・キス 濃いちご"を狙っているのでした(笑)。
[PR]
by aoi_oi | 2005-11-20 00:41 | ・食のこと

イノダコーヒ

南禅寺で紅葉を見たあと、イノダコーヒ本店に行ってきました。
地下鉄烏丸御池で下車し、このへんかな?とふらふら、ふらふら
歩きつつ、ようやく発見。外観は町屋風のとってもレトロな雰囲気
でした。中に入ると・・・お、意外に大きくて明るい。禁煙席である
旧館と、喫煙席の新館とにわかれており、私達は旧館の方に
案内してもらいました。

イノダコーヒは1940年創業の老舗の喫茶店で、戦後の物資不足の
時代に本物のコーヒーを提供する店として、多くの人を魅了し続けて
きたそうです。その中には谷崎潤一郎、植草甚一、池波正太郎など
数々の著名人の姿も。『京都の朝はイノダコーヒの香りから始まる』
という有名なフレーズもあるそうです。

ここは以前、ガイドブックで見てぜひ一度旦那と一緒に来てみたいと
思っていたのです。彼はコーヒー好きなもので。でも味にこだわりは
なく、コーヒーなら何でもいいらしいのですが(^^;。
ガイドブック等に頻繁に紹介されて観光客も増えたとのことですが、
それでも昔ながらの常連も数多く通い続ける、京都の喫茶店の
代表的な存在らしいです。

d0015588_052034.jpg私が注文したのは"アラビアの真珠"
(コーヒー)とプリン。ここのコーヒーは
注文の際に砂糖とミルクを先に入れて
出して良いか聞いてきます。
そうした方が一番美味しいおすすめの
味だからなのだとか。アラビア産の酸味
が効いた豆はもちろんのこと、ミルクにも
こだわりがあるらしいです。

確かに、酸味が効いたキリッとした味でした。
そう言われたからそう感じたのかもですがー(笑)。
でも美味しかった~。あとで分かったのですが、底の方にミルクが
溜まっていたようで、最後の2、3口は酸味の中にかすかな
甘さとクリーミーさを感じてすっごく美味しかった!
うぉ!この味!次回はぜったい最初からよく混ぜるべさ(>_<)!
・・・そう決意させるほど気に入ったのでした。
プリンも美味しかったです。なんだか懐かしい味がしました。 

この日はお昼過ぎから旦那と待ち合わせし、南禅寺、イノダコーヒ、
そして三条界隈の町屋めぐりをしました。いわゆる神社仏閣といった
観光名所はあまりまわれなかったけど、でもこまごまとした楽しみを
いっぱい感じることができました。
京都は見どころがいっぱいあっていいですね。
このイノダコーヒがある通りには他にも色んな店があって、歩きながら
右に左に目移りして大変でした。便利堂に行けたのも嬉しかったなぁ。
今度は鳩居堂錦通りに行ってみたいな。
あまり頻繁に来ることはないと思うけど、でもこうして好きな場所が
増えていくことは、とても楽しいなぁと思うのでした。
[PR]
by aoi_oi | 2005-11-10 00:23 | ・食のこと
今日、ひさしぶりにモスバーガーに行ってきました。
そしたらばメニューに"おしるこ御膳"が追加されて
いました!私、これが大好きなのです(^^)。
しかし、もうそんな季節になったのねぇ。。と、
ちょっとしんみり。
思いかえしてみれば最近はすっかり日が暮れるのも
早いし、お布団だって冬布団にかえたばっかりですしね。
秋を迎えたと思ったらすぐ冬の足音も一緒に聞こえてきた
ような気がしています。

今年もあと2ヶ月しか残ってないんだなぁ。
モスのおしるこを食べながら、やりのこしたこと・準備すべき
ことなんかを何となく考えたりしていました。
来年の手帳は準備したけど、紅葉狩りは行っていない・・・。
うーん。
やっぱり秋をすっとばしてる気がします。
初秋までは感じられたんだけど、いつまでも初秋のつもりで
いたのかもしれません。自分、鈍っ(笑)。
それにしても"おしるこ御膳"は美味しいなぁ・・・。
玄米餅の感触とおしるこの小豆の組み合わせが絶妙です。
お茶と塩昆布もつまみつつ、つらつら考える夕方なのでした。
[PR]
by aoi_oi | 2005-11-02 20:49 | ・食のこと

キムチトースト

最近、はまっている食べ物があります。それはキムチトースト
こんな食べ方、めずらしいのかな?少なくとも私ははじめて聞いた時、
かなり驚いたんですけどね(^^;。

旦那の実家は昔、飲食店をしていたことがあったそうで、その時に
おぼえたキムチのレシピを今も大事にしています。私達もときどき
おすそわけをいただきます。このキムチトーストも教えてもらったものです。

d0015588_094777.jpg
材料は食パン・バター・キムチ・ピザ用チーズ。
順に重ねていってトースターで5~6分焼けば完成。
簡単です。しかもこれ、意外と(?!)美味しいんです!
ピザみたいな感じ。(ベースはキムチなんですけどね。)
結構やみつきになって、ひところ休日の朝はこれ
ばっかりになってました(笑)。


お義父さん、お義母さんの作るキムチはとても美味しくて
いただくのをいつも楽しみにしています。
他にも冷やっこにのせてごま油をかけて食べてみたり、定番の豚キムチで
いただいてみたり。結構、貴重な食材として利用しています。
実は、昨日遊びに行っていただいてきたばっかり(^^)。
これからの季節はキムチ鍋もいいよな、なんて思っている
初秋の日なのでした。
[PR]
by aoi_oi | 2005-10-24 00:19 | ・食のこと

収集癖?

最近気付いたことなのですが、私には収集癖があるようです。
何を収集するのかというと、瓶。(笑)
これは、結婚して自分で台所を管理するようになってはじめて
気付いたことです。(発覚した、というべき?)
食品の入っていた空瓶を「何かに使えるかも・・・」と捨てずに
とっておいたところ、 ↓ こんなことに。

d0015588_121124.jpg
・・・とっておきすぎやろ!!Σ(゜□゜)ノノ
そんなツッコミは間に合っておりますので、
おてやわらかに(甘。
並べてみて、自分でもびっくりです・・・
何やってんだ、わたしは。。(-_-;



でもね、かわいらしい瓶もあるんですよ~。これは捨てられないだろっていう。
実際に利用しているものもありますし。うーん。そう思いだすと、なかなか
改められそうにない癖なのかもです。

d0015588_1331974.jpgd0015588_1334493.jpgd0015588_1375767.jpgd0015588_1461611.jpg
















こうやって見ると、ケーキや和菓子、駄菓子、紅茶の空き瓶などに
かわいいものが多い気がします。実際、おやつ作りの時に使ったり
してます。他にはコースター入れにしたり、変わったところでは
調味料の空き瓶を小さな花瓶にしてしまいました(爆。
ポトスの切れっ端子ちゃんにちょうど良かったんだよ~。
もちろん、無難に保存食用や小物入れに使ったりも。
・・・おお、色々使えてるじゃないかぁ。改める必要なんかないって~・・・
あ、つい自分に甘くなってしまう。。(笑)

d0015588_1342153.jpgd0015588_20335.jpg
d0015588_1345771.jpg








でも、そろそろ収納に限界がみえて
きたようです。これからは厳選せねば・・・。
でも名残り惜しいなぁ、なんて思って
しまうのでした。
調味料の空き瓶なんて、2つ揃った
時点で「蓋が色違いでちんまりしてて
かわいい」とか思ってしまいます(^^;。
ジャムなど、違うメーカー同士でも
ラベルを剥いでしまった後、形・大きさが
ぴったりになってしまうと、もうそこで
大喜びです。・・・あほか(TT)。



うーん。惜別、できないかもです。どっちかというと、収納ワザが必要なのかなぁ。
いっそのこと、本格的に保存食作りまくって冷蔵庫に格納(?)しちゃおうか?!
悩みはつきません。ていうか、ほんと、変なくせ作っちゃったなぁ(^^;。。
[PR]
by aoi_oi | 2005-10-20 02:28 | ・食のこと
【ワイン派】の方はこちら! 
 "パティシエ高木ブログ「スペシャル ショコラ」"さんにトラックバック。

10月17日に発売した今年の限定キットカット・プレミアム版。
その種類は"ワイン"と"ノアール"の2品。
今回、その発売を記念して、どちらがお好き?なキャンペーンが
はじまったそうで。
実は、発売前のモニター募集キャンペーンにものっかった私(笑)。
その調子のまま、このキャンペーンにも参加してみることにしました!
トラックバックキャンペーン、ばんざーい! \(^▽^)/

苦味・酸味がありながらも柑橘のさっぱりとした後味が魅力的だった
"ノアール"と、ワインパウダーを配合し、華やかな風味を誇った
"ワイン"のどちらが好みかでトラックバックする記事を分けているの
ですが、どちらにしようか迷った結果・・・"ワイン"に1票。
以前の記事では、どっちも好き!という結論に達したのですが、
今回は"ワイン"に軍配を上げることにします。

以前行っていた、他のモニターさん達の感想記事を読むかぎりでは、
"ワイン"の方は、良くも悪くもホワイトチョコの持つ甘さに似ていると
感じた方々が多かったように思います。
チョコ自体の甘さもさることながら、ワインパウダーの風味も
お菓子で使われるだけあって、とてもまろやかで馥郁としていた所が
"ノアール"より甘く感じられたのかもしれません。
(実際、甘めなのかもしれませんが(^^;)
私はホワイトチョコも好きですし、以前食べたときは"ワイン"の持つ
華やかな風味にうっとりしつつ、いただきました。
また、めずらしもの好きな性格も手伝って、こちらに。
今現在(10/18)、"ワイン"の方が多少トラックバック数は
多いようですが、さてさて結果はいかに。

そうそう、今週近所のコンビニ数軒でさっそく見つけましたよ!この2品。
でもどういうわけか、とある店では"ノアール"だけしか置いてなかった・・・
発注ミス?(笑) ロー〇ンさん、どっちも美味しいですよ?!
それはさておき、最終的にどっちに軍配は上がるのでしょうか。
面白いですね。
そして楽しみなのが、抽選で当たる高木さんのチョコ!
これは!!当たってほしいなぁ~・・・(>_<)。
でも今回は10名とのことで、無理かもです(笑)。ま、いっか。
結果を楽しみにしたいと思います。
[PR]
by aoi_oi | 2005-10-20 00:49 | ・食のこと
モニターレビュー 
   "パティシエ高木ブログ「スペシャル ショコラ」"さんにトラックバック。

モニター募集で当選したプレミアムキットカット二箱が届きました。
エキサイトさんからの丁寧なお手紙まで添えられて・・・。こちらこそ、
ありがたくいただきますだー。滅多にこういうの当たることないので
かなり腰が低くなってしまいます(笑)。
それでは、早速レポートさせていただきます(^▽^)ノ!

d0015588_17381235.jpg

まずはパッケージから(細かっ)。
正方形に近い形のしっかりした箱です。
それぞれ表側に"カカオの深い誘惑
(ノアール)"、"ワインの甘い誘惑(ワイン)"
と書かれています。
"LE PATISSIER TAKAGI"の文字も
しっかり入っていますよー。
さぁ、開けてみましょう!




中はこんな感じ。うわぁ、かわいい色。ワインはピンク色しているんですね。
蓋の裏側にはそれぞれの味についての高木さんからのメッセージが
書かれてありましたよ。さぁさぁ、食べてみましょう!

d0015588_17391793.jpgd0015588_17385561.jpg








最初は"ワイン"から。
初めは色の印象もあってか、ちょっと苺っぽいかな?と思ったのですが、
おーっとどっこい!後からワインの風味がふわぁっと。
・・・おおー、ワインだわー。でもやっぱりお菓子だけあって甘いワインです(笑)。
これはあれです。一度に全部口にほうり込んでバリバリ食べずに、ぜひ手に
持って二口、三口とわけてお淑やかに食べて頂きたい!(誰に言っているんだ)
美味しいです。そうそう、箱の裏側には「アルコール使用量0.12%。お子様や
お酒の弱い方はご遠慮ください」の一文が。おおー。まさに大人のデザートですね。
くつろぎのひとときのちょっと贅沢なお供に・・・といった感じでしょうか。

次に"ノアール"です。
高木さんのブログでは酸味と苦味にこだわった"大人の美味しい苦さ"を
めざしたと書かれていて、こちらも興味深々だったのですが、一口食べてみて・・・。
お。こっちも美味しい!これぞチョコレート!って感じがします(笑)。
キットカットを食べているというより、チョコ自体を食べているような感じがします。
それくらい一体化してるとでも言いましょうか。カカオの風味が強く、甘さ中心の味では
ないのですが、でもなんだかまた次に手が伸びてしまいます。
隠し味に柑橘を使っているとのことでそれが後味をさっぱりもさせているんですかね。
こちらも美味でございました~。

どちらもそれぞれに美味しくて大満足です。
実は、食べる前には「どっちかというとこれ」というまとめ方をすることになるのかなぁ、と
漠然とですが思っていました。でもこれは・・・選べないなぁ(笑)。
それぞれ食べたくなる時が分けられるような気がします。
"ワイン"の繊細さ・華やかさと"ノアール"の余韻・奥深さ。どちらもほんと美味しかったです。
期間限定だなんてもったいないなぁ。。こういうのって、いつまでなんだろう?

何はともあれ、豊かな風味を味わうことができた口福に感謝しつつ、
ごちそうさまでした(-人-)。
[PR]
by aoi_oi | 2005-10-10 17:53 | ・食のこと