「ほっ」と。キャンペーン

つれづれなるままに。ごくありふれた日常ですが、気の向くままにつづっていこうと思います。


by aoi_oi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:・テレビ/芸能( 47 )

郷さんが好き

最近、ヒロミゴーさんをお見かけする機会が増えてきて
嬉しいかぎりです。今回の新曲もラテン系のノリノリな
曲調で楽しい。
でもよく聴くとかなりきわどい歌詞で(^^;。
意味を深く追うとちょっとはずかしくなってしまいます。

しかし郷さんはなんかほんと素晴らしい。
人柄とかそんな詳しく知らないのですが、でも私、この人が
歌って踊ってるのを見るとものすごく楽しくなるのです。
わかりやすいエネルギッシュさとか、熱さではなくて
どっちかというと端正で隙がない感じのステージングなのに
なーんか知らずに徐々にウキウキしてきます(笑)。
ただ単に好みの問題なのかな?

変な話、私が大好きな今20代中盤のアイドルさんがもっと
ふっきれてくれたら、きっと郷さんみたいになれるんじゃない
かと思ったりしてます。彼の進化形は郷さんだと勝手に(笑)。
声もちょっと似てるし。踊りもうまいしね。
でも日本でそう思ってるのは自分一人な気もしています。

あと、巷で「見ているだけで人を笑顔にさせる」と言われて
いるグループさん達の最近の活躍がとてもめざましく1ファンと
してとても嬉しいかぎりです。人を笑顔にさせるってすごいよなぁ。
なんか、最近はテレビ見ながらそんなことばかりぼんやり考えて
います。
郷さんとこのグループさん達を並べてみると、全然毛色は
違うんだけど、でも両方を見ていて感じる私の高揚感は一緒なん
だよなぁ。。不思議です。
[PR]
by aoi_oi | 2007-05-17 23:41 | ・テレビ/芸能
連続更新になっちゃいました。前の記事で『松子』の
ことを書いたのですが、それでちょっと思い出したことが
あり、もう記事にしちゃおうということでこれを書きます。

長い上、ネタバレ多々あります。
[PR]
by aoi_oi | 2007-03-16 20:22 | ・テレビ/芸能
ドラマの中の音楽について少し。
今年度後半のドラマで音楽が気に障る、というものは
ありませんでした。良かった良かった。(?)
でも、以前ほどドラマというドラマ全てを見ている
わけではないのでとりこぼしもあるのかもしれませんが。。
とりあえず音が鳴ってイラっとするドラマは、わたし的に
なし。逆に「いい!合ってる!!」というものが多かった
気がします。

まず『嫌われ松子の一生』。物語について(というより松子
自身について)は色々と思う所があるのですが、それはおいと
いて、挿入曲がすごく良かったです。民族調のおどろおどろ
しいハミング(?)が入っている曲と、インストゥメンタルで
哀しい曲調の2つ。物語の場面にすごく合っていた気がします。
やるせなさともの悲しさと不吉さと。聴いているだけで胸が
しめつけられるような気持ちになったのを覚えています。
あと『わるいやつら』。こちらの挿入曲も哀愁漂う澄んだメロディ
のものと、民族太鼓っぽい乾いた雰囲気のものと2種類があって、
それぞれの場面にふんわりと乗っかってきて、効果的だった気が
します。
もう一つ『東京タワー』の挿入曲。こちらは前2つと違って
切なく浄化されるようなメロディで女声のハミングが入っている曲。
これを思い出すと、なぜかもこみちの泣き顏が思い浮かんで
きます。そんなシーンだったかな(^^;。
『東京タワー』はコブクロの主題歌も結構はまっていた気が
します。最初は別にそうでもなかったんだけど、だんだん ぐっ
とくるようになったというか。速水もこみちの太まゆげも最初は
「どうよ?」と思ったのですが、最後らへんには「素朴なもこみちも
結構いいなぁ」なんて思うようになりました。
あと、再放送ですが『アンフェア』の音楽も気になっています。
ドラマ、映画どちらの分も。『アンフェア』の雰囲気と伊藤由奈の
雰囲気は結構合ってる気がします。あの女性的な高音と透明感が
行き過ぎるとちょっとヒステリックな感じになる所が、異常事態を
思わすのかもしれません。挿入歌のサヴァイバーとか篠原涼子の
ケータイの着信音とかもすごく効果的。ハードボイルドな統一感が
たまらなかったです。

こうして見ると、ドラマチックなお話の音楽にはまりがちなのかな。
ヒューマンサスペンスというか、ちょっと重めなテーマのものに
それらしい音楽がかさなるのが好きみたいです。
強引にくくると、『松子』も『わるいやつら』も『東京タワー』も
『アンフェア』も"ザ・女の人生"あるいは"これも人生だ"みたいな
所があって、こんな哀しい(or切ない)ことあるわけないって〜と
いう部分をドラマチックな音楽でじんわりと盛り上げてくれたところに
まんまとハマった気がします。
逆に、コメディに音楽はいらない、、だって、会話や雰囲気が充分
面白いんだから、それ以上はうるさいだけ。
・・・そういう結論になるのかな。

まぁ、ただ単にそれぞれの曲調が好きなだけでまた気は変わるかも
しれませんが、でもやっぱりドラマの音楽って大事だなぁなんて
思うのでした。
諸々のサントラ買おうかなぁ。。(笑)
[PR]
by aoi_oi | 2007-03-16 18:14 | ・テレビ/芸能
だいぶ間があいてしまいました。
といっても、これくらいの頻度の方が自分的には気が楽
なのでマイペースでいきたいと思います。
元気ですから!どうぞご心配なく(^▽^)/。
また、リンク・コメントについてもしばらくの間以前とは
違った形で表示させて頂くことになりました。こちらの
勝手な都合ですが、どうか御了承くださいますようお願い
致します。

最近テレビをみていて意外だったことがいくつかありました。
ひとつは某特撮番組出演経験ありの二枚目俳優さんの驚きの
私生活について。バラエティ番組に出ていたのですが、その時の
エピソードを聞いてとても驚いてしまいました。
まず、家電マニアらしい。未婚一人暮しで電器屋さんが大好き
とのこと。その番組では10万円の炊飯器を購入してうっとりして
おりました。なのに、出演者陣の中でのエンゲル係数は一番高く
なぜなら毎晩のように焼肉店で外食しているから。
それも一人焼肉なのですが、その時のコメントが

「野性動物も強い生き物ほど一匹で行動するでしょ」

・・・わかるような、わからないような(笑)。でもなんか
強そうな感じは伝わって、、、くるような、こないような(笑)。
これを見たとき「リアル『結婚できない男』見つけた!!」でした。
(ドラマ『結婚できない男』の主人公に酷似していると思ったのです)
結婚云々は別においておくとして、あのドラマの主人公もなかなか
個性的な人物像に描かれていて、実際こんな人いるのかなー?という
感じでしたが、ここにいたんだ、と思いました。
でもキャラ作りだったりもするんでしょうか?
・・・でも昨今の社会現象や個人の考え方の幅の広まり方からすると
そういうキャラもこれからはありかもですね。

意外だったことのもう一つは今日見たテレビに出ていた方の
こと。某お笑い芸人コンビの一人で身長が180センチある女性の
方です。和歌山出身のかわいい人(だと私は思っています)です。
意外に絵が上手で、漫画『AKIRA』の模写やオリジナルのアクリル画
等を公開していました。これが本当に上手。他にもギターが好き
とのことで弾き語りも披露していて、意外とアーティスティックな
人なんだなぁと思いました。そうそう、スキューバダイビングもする
らしいです。一人で潜っていて「お魚になりたいなぁ」と思うとの
こと(笑)。・・・和むなぁ。やっぱりかわいい人だと思うのです。

芸能人に限らず人っていろいろな個性を持っていて当然だとは
思うのですが、意外な一面を見せられると思わず「おっ」とひきこま
れてしまいます。やり過ぎるとうっとおしかったりもしますが、最初
のインパクトの瞬間は素直に認めてしまいます。この二人もなかなか
私の中では面白くて好きになってしまいました。
これからも注目してしまいそうな気がしています。
[PR]
by aoi_oi | 2007-02-05 18:06 | ・テレビ/芸能

物語も佳境に

『チャングムの誓い』です。今週で第44回だそうで、いよいよ物語も
佳境に入ってきたようです。俄然おもしろくなってきました〜。
私は、途中なかだるみしてしまっていたのですが、この2、3回分から
再び夢中になって見てしまっています。

それにしても思うのは、物事ってシンプルが一番だなぁということ。
(まぁ、現実はそんな何でも単純にいくものじゃないけども(^^;。)
思惑やら策略やら盛りこみすぎるのは後にくる反動がコワイ。。
あと、何か人間や物事の運命が動く瞬間っていうのも、やはりどこか
恐ろしい気がします。しかもどっちが真道かわからない状況。
最終的に目的が達せられればよしというわけでもなく、その筋道の
通しかたにまで焦点がしぼられてきた展開に、フィクションとはいえ
妙にどきどきして見てしまっていたのでした。

最後には"正義が勝つ"ってわかっていても、関わる人物や事柄の件数が
多ければ多いほど解釈や選択肢の数は増えるし、その全てが調和するとは
思えない。それは当り前のことなんだけど・・・。
それでも「無条件に悪」の要素を持つ側にもどうしても救いを見出したく
なるとして、彼らがそれを得るために必要なのは、やはり"妥協"や"納得”と
いう観念しかないのかなぁ、なんて思ったり。
自分の悪を"認める"というのが、いちばん強靭な観念なのかもしれません。

・・・って、いつものことながら話が脱線ぎみ?(笑)。
今日の放送分では、チャングムが投獄されたチェ尚宮たちに謝罪を求めに
行くのですが結局拒否されたシーンで、浮かない顔で戻ってきたチャングムに
対してミンジョンホが言う「あなたが傷つくだけだったでしょう」という
モノローグがとても印象的でした。
うーん。状況も、そして感情も全部がぜんぶ複雑・・・。
しばらくは目が離せなくなりそうです。
[PR]
by aoi_oi | 2006-09-10 03:11 | ・テレビ/芸能

あれこれハマる その後

24時間テレビ、終わりましたね。さすがに夜中は見なかったのですが、
この2日間はほぼずっとチャンネルを変えることがなかったです。
(=がっつり見た。)

とりあえずKAT-TUNですが、わりと素直に見れて良かったです。変に
スレてたり白けて参加されてたらどうしようかと思ったのですが、、
うん、普通の子らで良かったです。なぜか安心しています(笑)。
『絆』での音のはずしっぷりと、その後ほぼ棒立ちになって「あれれ?」
って感じで歌っていたA君は憎めないなぁ。
K君は相変わらずソツがなくて、でもなぜかそこがハラハラ(?)したり。
(やっぱり恋?)
ゲストの山下くんが、終始優しい顔をしていたのが印象的でした。
各々、その場にいて何か感じとるものがあったんでしょうかね。
番組自体、全体的にものすごくハジけた感はなかったものの、とりあえず
形にはおさまった仕上りなのかな〜なんて思いました。

番組の趣旨については、毎年のことながらこれまた色々な見解があるようで。
ただ、こういったイベントにはつきものの議論なんでしょうね、きっと。
考えるより行動だ派と、なりふり構わずの行動で果たして良いのか派と。
難しいですね。でも完璧を求めるから難しく感じるのかな、なんてことも
思ったり・・・。かといって、グレーを見逃してばっかりだと全体が
くすんでしまうだろうし・・・。優柔不断な私には、いつまでたっても
結論が出せませんから、もう書くのやめときます(笑)。

そしてハマったものもう一つ。とうとう今井翼のDVD注文してしまいましたよ。。
ああ、、私そんなめったにアイドルにお金つぎこんだりすることない人だったのに。
でも、、、すっごい楽しみ!!!(笑)
[PR]
by aoi_oi | 2006-08-28 12:00 | ・テレビ/芸能

ドラマの中の音楽

今、『医龍』を見ています。原作はマンガのようですがなかなか面白いです。
我が家では今クールも例にもれずくまなく録画中です(笑)。ましてやHDD
レコーダーまで購入してしまったため、ドラマに加えて深夜アニメや歌番組、
バラエティまで録画・・・休日は録りためた番組を消化するのに必死です。。(TT)
なぜにそこまでこだわるのか、、ううう。。。ま、凝り性な人なので、機能全てを
チェック中だということはわかっているのですけどね。

ずっと以前から思っていたことなのですが、ドラマと音楽について少し感じること。
それは1クールにひとつは必ず音楽がうるさいドラマがあるということ。
今回は『医龍』がダントツにうるさいです(笑)。
初回から「うるせーなー、このドラマ」とか思っていたのですが、回がすすむにつれて
内容にひきこまれていってさすが人気マンガ原作だねぇ、なんて話すこともありました。
でもやはり音楽のうるささは相変わらず気になります。

緊迫したときは緊迫した音楽。
深刻なときは深刻な音楽。
謎が深まるときはミステリアスな音楽。
対決するときは扇動的な音楽。

うるさいと思うのです。音が。セリフだけが聴こえている場面ってほんと少ない気が
します。なんというか、話自体ものすごく繊細な心の動きや表に出ない心理風景が
主ではなく、もっと別の所にわりとわかりやすいテーマがあると思うので、音楽による
演出はそれほど必要ないのでは・・・と思うのですが、、どうでしょう。
(逆に、だからこそ必要なんでしょうか??)
ちなみに、以前うるせーなーと思ったのは『危険なアネキ』、『曲がり角の彼女』でした。
『危険な~』は、やはりドタバタしているときはドタバタな音楽、ちょっとしんみりしている
ときは少しsickな音楽、と音楽によるリードがあからさますぎて疲れました。
『曲がり角~』は、話の中で恋愛モードになると突然かかる小田和正の挿入歌
"こっとばに~ならない~♪"が、どうにもわかりやすすぎて、なんだかしらけてしまったのでした。

しかし、こうしてみると、私が感じるうるさいドラマはフジに多いみたいです。
そして3作中2作に稲森いずみが出てる・・・うーん。嫌いじゃないんだけど、なんだか
私の中で新しい法則ができてしまいそう。"稲森いずみが出ているフジのドラマは
要注意!"(笑)

(殴り書きしてしまいました。3作好きな方、ファンの方、ごめんなさい(^^;)
[PR]
by aoi_oi | 2006-06-01 23:10 | ・テレビ/芸能

巡礼とともにある街

夜、何気なくテレビをつけていたら『ディーププラネット』という番組を
やっていました。紀行番組のようで、今日はスペインのサンディアゴと
いう所を紹介していました。
キリスト教の聖地巡礼ととても関係の深い所で世界各地からたくさんの
巡礼者たちが集まってくる場所なのだそうです。
"巡礼"って言葉だけは聞いたことあるのですが、実際の様子は初めて見ました。
日本の、四国のお遍路さんみたいなものなのかな。

ここは巡礼者たちにその旅の行程の中、ひとときの休息を与えてくれる場所が
あるのだそうです。元々、とある聖人が巡礼者たちのために橋を架け、宿を建てた
ことからはじまったとのこと。(ながら見だったのでうろ覚えですが・・・)
今でも巡礼者用の簡易宿泊施設は健在で、人々はそこで旅の疲れを癒した後
また先へ進むとのこと。ここでは70ほどの簡易ベッドとトイレ、シャワー、台所があり、
中庭ではくつろぐ人もいればこれからの行程を調べる人、仲間同士おしゃべりを
する人、物思いにふける人など、さまざまな様子でした。
番組の中では巡礼者たちのインタビューやその簡易施設の管理人さんのお話などが
ありました。
ある人は巡礼する目的について「終わってはじめてわかるだろう」と話していました。
管理人さんは「自分を見つめるためにここに来た人が多いように思う」と言っていました。

老若男女それぞれいれど、みな一様に大きなナップザックを背負い、杖を持ち、時折
巡礼用の手帳を見つめながら歩いていく姿。
この姿って、人の根源的な姿なんじゃないかなぁ・・・なんてふと思ったりしました。
(信仰心のあるなし関係なく、ですよ)

それにしても妙に心惹かれる風景が多かったです。
スペインの青い空と草原の枯れた草色、若い草色。砂埃色の道。
空の色と光の強さ、それ故に影が濃くなるところは沖縄と少し似ているような気が
しました。だからこそ気になったのかな。
色んな場所があるなぁ・・・と思いながら見ていた一時間なのでした。
[PR]
by aoi_oi | 2006-04-22 00:59 | ・テレビ/芸能

彼と彼と彼

今日、はじめて格闘家の須藤元気という人をじっくり見ました。
テレビ番組のゲストで出ていたのですが、思ったより声が高いのでびっくり。
喋り口もとてもソフトでほんと驚きました。普通のサラリーマンぽい・・・?

この人のこと、最近名前を耳にすることが多かったのですが、しっかり見たことが
なくて、いつも漠然としたイメージしか思い出せませんでした。そしてその時に
いつも混同するのが同じ格闘家の魔沙斗。魔沙斗も、何となく顔を知っている
くらいなのですが、なぜかこの二人がいつもごっちゃになってしまっていたのです。
あと、魔沙斗に関しては名前をいつも思い出せません。これの場合、なぜか
武蔵という言葉が先に出てしまうのです。今も、「あれ?本当に武蔵だったっけ
あの人?」とか思って、思わず検索で"RI●●CO 不倫"というキーワードで探して
しまいました。(なんちゅー検索でしょう(^^;)そしたら魔沙斗でしたわ。。
ちなみに武蔵もイメージ検索したらば「ああ、この人だった」って思い出しましたよ。

須藤元気と魔沙斗と武蔵。うーん。並べたら全然違うんですがなぜか混同してしまいます。
特に須藤元気と魔沙斗は、片方を見たら片方の顔を思い出せなくなりそう。。
いや、別にそうなっても不都合はないんですが、こういう感覚って何か久しぶりなので
ちょっと面白く感じたりしたのでした。
[PR]
by aoi_oi | 2006-04-19 09:43 | ・テレビ/芸能

気になるCM

最近、気になるCMがいくつかあることに気が付きました。忘れないうちに
ここに書いておきたいと思います。

まず"キリン笹とお茶"のCM。江戸時代くらいの設定でしょうか。俳優の
中井貴一が長髪、着流し姿で登場して悪人におそわれそうになる女性を
助ける内容です。最後に女性が「笹さまぁ(はぁと」と中井貴一にうっとりして
終わりなのですが、、うーん。なんか、違和感(^^;。 "笹さま"って名前は
粋で中井貴一によく合ってるような気がするんですが、私が持つ中井貴一の
イメージはもっと生真面目な感じなので、素浪人(?)役にはあまり。。
しかし、彼を見るたび「ピッチリ横分け鼻デカ兄さん」というネーミングをつけた
人は素晴らしいなぁ、なんて余計なことを思ってしまうのでした。
もう一つは保険の"アリコ"のCM。最後の声って、「ほっ!」って言ってたんですね。
以前のCMでは、その内容に脈絡なく出て来る一言のような気がしてよくわからな
かったのですが、最近、犬みたいなキャラクターがCM時間の真っ只中に出て来て、
吹き出しつきで「ほっ!」と言っているのを見てわかりました。
実は以前からなんて言っているのかはっきりせず、イライラしていたのです(笑)。
声だけ聞くとなぜかイラつくあの甲高い一声。でもどういうわけか、自分でも真似
してしまう(しかも大声で。)不思議な一声なのでした。
「ほぉぅっ!!(うー、イライラ。)」 一瞬、息を止めて言うので、寝不足の時は
言い終わったあと少しクラっとする一言です。(どうでもいいですね)
そして「CMのCM♪」でお馴染み"民放連"のCM。出て来るキャラクターのさるが、
さるが~~!かわいいのです!顔は四角いくせにお尻はハート型なんですよ!!
で、先にコンセントがついている(笑)。最初にみたのはこのおさるさんが黒板にCMと
いう言葉を書いて説明している内容だったのですが、黒板に文字を書く為、こちら側に
背を向けた瞬間、お尻がハートなのを見てもう虜になってしまいました(笑)。
最近見たバージョンでは後ろ姿で走り去っていくシーンがあり、また悶絶してしまい
ましたとさ。ちなみに、このおさるさんの名前は"コマーさる"くんといいます。
ちょっと小生意気で淡白な顔してるのも良いです(笑)。

気になるCMってもっともっとあった気がするのですが、いざ思い出そうとするとなかなか
出てきませんね。またあったら書いてみようと思います。

==================================
もう1つ思い出しました!モデルのshihoが出ている宅急便のCMです。
彼女の声も「ひゃぁぅ!」「〇×■◎△※ぉぉうぅっ!」 みたいな、、何言ってるか
わからない(^^;。 おまいはさかなくんかっ といつも突っ込んでしまいます。
若くて可愛らしいけど、あれも悪声の一種だと思うのですが・・・ファンの方、ごめんなさい。
==================================
[PR]
by aoi_oi | 2006-04-13 08:49 | ・テレビ/芸能