つれづれなるままに。ごくありふれた日常ですが、気の向くままにつづっていこうと思います。


by aoi_oi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホワイトバンド

d0015588_20364937.gif
今話題のホワイトバンド。今度のお出かけついでに買って
みようかな~なんて思ってます。でもサイズが男女兼用で
かなり大きめらしい・・・。アンクレットにしたり、自分で縮めて
つけたりする人もいるそうです。私が腕につけるとすると、
多分ひじ近辺で止めておくしかなさそう。。
まあ、手に入れてから考えることにします。


3秒に1人、貧困国の子どもが亡くなっているという現状。
この状況をかえるにはお金ではなく人々の声が必要です、というこのキャンペーン。
本音をいうと、少し頼りない気がしないでもないけれども・・・。
というのは、20年前にも"ライブエイド"というキャンペーンが行われ、アフリカの貧困を救おうという主旨の元に250億円の寄付が集まったそうです。ですが、蓋をあけてみるとこの250億円、アフリカが先進国に返済している債務額の1週間分でしかなかったそうなのです・・・。
切ない話ですよね・・・。
でもそれは切なさと同時に、人々の心に暗く深い影を投げかけてきたのではと思います。
人の心ってもともと頼りないものなんですよね。その頼りない心から生まれる善意が寄り集まって、大きなうねりになることを期待してのキャンペーンなんだと思います。

今年・2005年という年は、7月にG8サミット、9月には国連ミレニアム+5サミット、12月にはWTO(世界貿易機構)閣僚会議というのが開かれ、貧困や貿易制度の是正について世界的な規模で関心が集められる会議が集中して開かれる年なんだそうです。
このホワイトバンドキャンペーンはそれに連動してとのこと。
このバンドを身につけることで「世界の貧困をなくそう」という個人の意思をあらわし、
それを実行する政策を支持します、という意思表示にもなるキャンペーンなのだそうです。
ホワイトバンドが発売されて約3週間経過した現在、売れ行きは上々で、ネット通販では
品薄で配達延期になったりもしているようです。
ただ、不安もあります。

2005年が終わったらどうなるのか・・・
一過性のものになってしまうのか・・・
そして何より、先進国の国々がどれだけその主旨に忠実な結果を
出していくことができるのか・・・

実質的な効果が目に見えにくい分、まだまだ先はわかりません。
でもそれと逆に、人々の意識に訴えかけるキャンペーンであることが効を奏すことを祈って。
捨て金になっても、いいよね。
捨てられる思いになっても、いいよね。
そう思って身につけることにしようと思います。
・・・こんな消極的な思いじゃだめかな(^^;。
どっちにしても、忘れてはならないのが、今この記事を書いている間にも貧困のため失われる命はあとを絶たないということ。それだけは心しておかなければ、と思いました。


=========================================================
☆いろんな意見があるようです。
・ホワイトバンドLIVE8 "にきび・ニキビ跡・赤ら顔・敏感肌等の肌トラブル解消店"さん
・ホワイトバンドとSTAND UP SPEAK UP "天下一ケンチクンへの挑戦"さん
=========================================================
[PR]
by aoi_oi | 2005-07-25 21:44 | ・日記